卓話「面白マジメにレッツ エンジョイ コーラス」

各務克郎会員=2019年2月11日14時からFMわっちで放送される番組の概要=
岐阜中ロータリークラブ 各務克郎会員

(1)合唱の基礎知識
★合唱団の種類
・オーケストラの一部
・オペラの出演者
・宗教曲を歌う合唱団
・無伴奏orピアノ伴奏付きの合唱団(←今回はこの話)

★構成メンバーによる合唱団の分類
・児童合唱団 女子の小中学生と変声期前の男子
・混声合唱団 女性と変声期後の男性
・女声合唱団 女性だけ
・男声合唱団 変声期後の男性だけ

★声域(または声質)による「役割」(=「パート」)
児童合唱・女声合唱
ソプラノ・セカンドソプラノ・メゾソプラノ・アルト
男声合唱
テノール・セカンドテノール・バリトン・バス
混声合唱
ソプラノ・アルト・テノール・バス

(2)合唱の魅力
★手軽にできて、成功すれば大きな包容力
・2人以上いれば楽しめる
・ハーモニーに包まれる醍醐味

★気持ちよく大きな声を出せる
・声と一緒にいやなことを体の外に押し出す感じ

★いつでもどこでも
・少年少女合唱団の合宿にて・・・
・男声合唱団のバス旅行にて・・・
・練習後の居酒屋にて・・・
・定期演奏会の打ち上げにて・・・
・グランヴェール岐山のビアガーデンにて・・・

★脳トレ
・楽譜を読む 「奉仕の理想」の楽譜を例に・・・
・暗譜

(3)自分の成長過程における歌の存在
・童謡のレコード
・松栄堂ヤマハ音楽教室
・長良川少年少女合唱団(現・岐阜少年少女合唱団)
・長良高校コーラス部(混声期最後の男声)
・東京経済大学グリークラブ(関谷晋先生)
・小金井音楽専門学校(現・小金井音楽アカデミー)での声楽個人レッスン(玉木豊先生)
・混声合唱団ムンテルコール(恩田忠彦先生)
・男声合唱団コールファーテル(吉田雅博先生)・・・2019年7月15日@サラマンカホール
・混声合唱団ムンテルコール(朝田健)
・アマデウスコーラス マーラー復活合唱団(野村富昭先生)・・・2019年4月29日@愛知県芸術劇場

(4)いじめに苦しむ子どもたちへ
・・・いじめられっ子の先輩として一言。
まじめに考えすぎないで!好きなことに没頭することは現実逃避ではなく、気持ちのリセット。

(5)コミュニティFM「てにておラジオ」PR
・毎月第二・第四日曜日に午後2時から4時半まで「みんなの森ぎふメディアコスモス」で公開収録

・今日ご紹介した私がしゃべる番組は、1月27日日曜日15時半頃から公開収録@みんなの森ぎふメディアコスモス
・FMわっち(78.5Mhz)にて、2月11日14時から本放送(再放送2月12日~14日14時から&2月16日13時から)。

2019年1月22日 | カテゴリー : 卓話 | タグ : | 投稿者 : gifunakarc

ガバナー補佐第2回訪問 小野幸満様

ガバナー補佐 小野幸満様第2回クラブ訪問挨拶
岐阜Aグループガバナー補佐 小野幸満様
皆さん、こんにちは、本年度、岐阜Aグループのガバナー補佐を仰せつかっております岐阜ロータリークラブの小野幸満でございます。本日は2回目であります中間クラブ訪問をさせていただきました。
早いもので、上半期も終わり、下半期に入りました。貴クラブにおかれましては、今年度の事業活動も順調に推移していると伺っております。喜ばしい限りだと思います。
さて、2016年の規定審議会で、例会のあり方がずいぶん緩和してもよいということになりましたが、2630地区の木村静之ガバナーは、「奉仕の理念」の浸透と例会の充実を地区重点目標の第1番に掲げられています。岐阜中ロータリークラブさんにおかれましては、これを正に連綿として継続されていますことに敬意を表しますとともに、日本のロータリーを守られることをお願いしたいと思います。
そして、次年度の役員・委員会構成も決まって次期の計画に移っていることと存じますが、残すところ半年ありますので、皆様にご指導の程、よろしくお願いしまして、簡単ではございますが、ご挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。

2019年1月15日 | カテゴリー : 卓話 | タグ : | 投稿者 : gifunakarc

卓話「ワインの話」

卓話者 松原和彦様(大垣西RC)ソムリエ協会認定 ワインエキスパート
松原和彦様(大垣西ロータリークラブ)

岐阜中ロータリークラブ様の例会で卓話をさせていただき、心から感謝申し上げます。長年、ロータリアンの方々からワインに関するお尋ねをたくさんいただいてきました。今日は、それらを思い出すまま、お話しさせていただきます。お役に立てば幸いです。

【Q1】フランス料理の結婚披露宴で主賓になった。ワインの所作で気を付けることは?
【A1】
・シャンパン:なるべくカチンとグラスを合わせない。まずは軽く口をつけるだけにする。酔いが回りやすいので、少しずつ舌を湿らせる程度に。
・白赤ワイン:あまり回さない。香り、色合いを楽しむフリをする。
・共通:脚(ステム)を2~3本の指で持つ。グイッと飲まない。白、赤に移る際、テーブル全員に注がれるまで手に取らない。できれば、白、赤、それぞれ軽く乾杯する。

【Q2】ソムリエのいるレストランでワインをスマートに注文したいが?
【A2】
・ソムリエに一任するつもりでも、まずは、リストを見せてもらい、しばらくはページをめくる。
・例えば「2人で、白ワインをグラスで一杯ずつ+赤ワインをボトルで。」等の概ねのプランをソムリエに伝える。
・「お料理に合うのはどれか?」「口当たりの軽いがいい」「この辺りのはどうか?」などと話しつつ、リストの希望価格辺りを指さすと、口に出さず予算が伝わりやすい。

【Q3】ワインの味見の仕方は?
【A3】「お味見は?」に軽く頷く。試飲後の「いかがですか?」の問いには、「いいです。」と軽くニコッと頷くことで十分。「美味しい」など感想は言わない方が無難。抜栓したワインはアルコール臭が強く、本来の味、香りはわからないことが多いので。腐敗していないか確認の儀式。

【Q4】ワインをより知りたいが、何に気を付ければいいだろうか?
【A4】
・グラス:ブドウ品種により、相性があるので試す。大別して3種類、ボルドー型、ブルゴーニュ型、他。
・適温:温度によって全く別物になる。一般的に赤ワインも軽く冷やした方がいい。
・品種:代表的なブドウ品種を知る。白はシャルドネ、ソーヴィニヨンブラン、リースリング、セミヨン。赤はカベルネソーヴィニヨン、メルロー、ピノノワール、シラー、もしくは、その混醸。それらをいろいろ飲み比べる。
・産地・国:同じ品種でも違う。
・年:二つの意味がある。一つはそのブドウの採れた年。もう一つは、そのワインの飲み頃(これはやや上級編、奥が深く、世のワイン通?とは、この正解のない命題の飽くなき探求者たちともいえるほど)。

【Q5】料理との相性(マリアージュ)はどう判断すればいいのか?
【A5】当人の好みが一番。ヒントとしては、白っぽい料理は白ワイン、他は赤ワイン。魚は白、肉は赤とよくいわれるが、一概にはいえない。例えば、マグロを醤油漬けにオリーブオイルをかけてカルパッチョに仕立てれば白ワインが合う。豚肉でもそのままのソテーなら白ワイン。バルサミコソースをかけたり、トンカツ味噌ソースなら赤ワインが合う。等々、同じ食材でも献立次第なので、反対に飲むワインにより、調理法や味付けを変えることも試す。

【Q6】グラスを回すのはなぜ?
【A6」空気によく触れさせ、アルコール臭を飛ばす。熟成がまだ足りず、本来の味、香りにはまだ時期が早く、程遠いと思われるとき、即席に熟成擬きを進めるため。香りをよく発たせるためなど。ただ、人前で懸命にグラスを回す姿はあまりエレガントとはいえない。ほどほどに。また、飲み頃のワインをあまりに回すと、空気と混じり合い過ぎて、味や香りがなくなってしまうことがある。

【Q7】ワインは「社交の暗号」になる?
【A7」ワインはそれ自体がメッセージを発する。接待、贈り物、持参のワインには細心の注意が必要。とても有用で、真意を言葉で語ることなくワインで伝えることもできる。この件では、たくさん本が出ている。これだけは「飲むより、読め。」

ご清聴、誠にありがとうございます。

2018年12月18日 | カテゴリー : 卓話 | タグ : | 投稿者 : gifunakarc

卓話「国際奉仕事業報告」

森井脩次委員長国際奉仕委員会 委員長 森井脩次
今日は、国際奉仕委員会の担当です。
11月9日~12日まで3泊4日、6名でフィリピン国イロイロ市に訪問しました報告会として、今回参加していただいた長井会長、田辺さん、安藤さんの方々には3分~4分間お話ししていただき、残り時間を渡辺さんに、今回の打合せの内容と今後についての報告をお願いします。よろしくお願いします。

 

 

田辺雅範会員田辺雅範会員
フィリピン イロイロ市 訪問
栄養改善研修事業の一環として、イロイロ市のホテルにて、ニューコレリアの方々より報告を聞き、打ち合わせをしてきました。
滞在した地域は、フィリピンのの中でも、安全な地区で、ホテル周辺は近代的に整備され、快適に会議をすることができました。

 

 

安藤元一委員国際奉仕委員会 安藤元一
ANAK-NCとの懇談について
本事業は2013年に渡辺会員によって、AHIの活動が当クラブの例会で紹介され、それを支援することから始まりました。
フィリピンのニューコレリア町でのAHIの活動は、現地の食生活の改善を始めとした地域開発の支援でした。
しかし、今回はニューコレリア町でのヘルシーライフスタイル啓発の一環で「有機農業」へ取り組むための支援を目的に懇談会が実施されました。今回の有機農業の取り組みは、フィリピンの国策とも言われているようですから、当クラブとしても国際奉仕の名の下で、どこまで支援することがよいのか。この機会に、今一度AHIの支援について見つめ直す必要があるのではと思った次第です。

 

ロータリー財団委員会 委員長 渡辺成洋

渡辺成洋委員長

 

 

 

 

 

 

 

PDF資料「2018年度岐阜中RC-ANAK-NC 報告会 議事録

卓話「人間ドックと健康管理」

卓話者 平野総合病院 理事長 平野聡子様

人間ドックと健康管理と題して、まずは人間ドックに関する意識調査(NTTコムリサーチ)に関して話しました。人間ドックを受けたきっかけのトップは「健保や会社のすすめ」53.8%で、次に「健診が必要な年齢だと思ったので」42.2%、「もし病気があっても早期発見が大事だと聞いたので」39.4%と続き、年代別に見ると、30台では「健保や会社のすすめ」63.0%と最も多く、6割を超えます。また、「健診が必要な年齢だと思ったので」「もし病気があっても早期発見が大事だと聞いたので」は、年代が上がるにつれて回答が増えています。
一方、人間ドックを受けたことがない理由は、「費用がかかるから」66.7%と最も多く、次いで「受ける時間がないから」21.6%、「関心がない、面倒だから」16.7%となっています。年代別では30台ではこれらの理由に加え、「受けられる場所や申し込み方法がわからないので」が20.9%と情報の不足を理由として挙げている割合が高い結果となりました。面白いことに、「関心がない、面倒だから」は、50台が一番多く、責任のある仕事や子育てや介護等、社会的理由も大きいのでしょうか。
人間ドック受診後の感想は、「よかった」は84.9%、医療者の対応等が満足度に直結しています。
今回、長年、当健診センターにリーピートしていただいている岐阜中ロータリークラブの方から、便潜血の検査キッドがホチキスで止めてあり、けがをしてしまったという貴重なご意見をいただきました。気が付かないところでしたので、本当にありがとうございました。早速、針のホチキスは使わない方向にいたしました。
続いては日本人間ドック学会からの統計で、生活習慣病関連項目の推移は、6項目(高コレステロール、高中性脂肪、高血圧、耐糖能異常、肥満、肝機能異常)の異常は、高中性脂肪以外、年々増加傾向を示しております。
性別は、男性は女性に比べ、異常頻度が多くみられ、肥満、高コレステロール、高中性脂肪、肝機能異常は50歳台がピークで、それ以後減少しています。一方、女性においては全項目において、加齢とともに異常頻度が増加する傾向があり、特に高コレステロールにおいては、50歳以降は男性より高くなっていますが、これは閉経に伴い血中の脂質を正常に保つ働きのあるエストロゲンが急激に減少するためです。
その他、ロコモティブシンドロームの説明とロコモ度チェックと、健康寿命をいかに延ばすか、厚生労働省が進めている+10について話をしました。

2018年11月13日 | カテゴリー : 卓話 | タグ : | 投稿者 : gifunakarc

卓話 古田千尋様

卓話講師 古田千尋様

卓話 「覚えておきたいこと中小企業社員の仕事と生活の基本マニュアルから」

講師 古田千尋様

2018年10月2日 | カテゴリー : 卓話 | タグ : | 投稿者 : gifunakarc

卓話「青少年奉仕部門について」

青少年奉仕委員長 故金正司「青少年奉仕部門について」
青少年奉仕委員会 委員長 故金正司

1.五大奉仕
(1)クラブ奉仕・・・クラブの機能を充実させる
(2)職業奉仕・・・職業の道徳的水準を高め奉仕の理念を実践していく
(3)社会奉仕・・・人々の生活の質を高めるために行う会員のさまざまな取組み
(4)国際奉仕・・・他国の人々を助けることを目的とした会員が行う親善、平和行動
(5)青少年奉仕

2.青少年奉仕について
(1)若い人々の多様なニーズを認識しつつ、よりよき未来をもたらすために彼らの生活力を高めることによって、若い人々に将来への準備をさせることは、各ロータリアンの責務である。
(2)すべてのクラブと地区は新世代の基本的ニーズ(健康、人間の価値、教育、自己開発)を支援するプロジェクトを立ち上げるよう奨励されている。

3.奉仕プログラム
(1)ライラ・・・ロータリー青少年指導者養成プログラム
(2)インターアクト・・・12歳~18歳までの青少年のための国際ロータリーの奉仕クラブ
(3)ローターアクト・・・18歳~30歳までの青年男女のためのロータリーが提唱する奉仕クラブ
(4)青少年交換・・・1年間、母国以外の国々のホストファミリーと生活を共にし、学校へ通う

卓話「歯科用CTについて」

「歯科用CTについて」 竹村安史会員
竹村安史会員
近年、医科では詳細な診断にはCT画像が使われているが、設備費用が高額であり大病院にしか設置されていない。しかし3次元的な画像把握ができるため2次元画像では診断が困難でスキルを必要としていたものが、CTでは容易に診断が可能となった。

歯科においては、ここ10年でインプラント治療の普及に伴い、歯科用CTの開発が進められ診断治療に用いられるようになった。当院においても移転に伴い、2次元のデジタルパノラマ撮影用装置が故障し修理不能となったため、導入する運びとなった。
当院で導入した歯科用CT装置は顔面の3分の2を撮影することができるため、口腔内だけでなく上顎洞も撮影範囲に含まれるので、上顎洞炎の診断にも有用で、会員のFさんの歯痛が歯原性のものでなく、上顎洞の炎症による可能性を判断でき、耳鼻科への紹介となった。
もし、インプラントによる治療を受けられる場合は、歯科用CT装置があるところで治療を受けられることを
お勧めします。
また、インプラント治療は良い治療法ではありますが、すべての症例で適応症となるものではありませんので、
ご注意ください。

2018年8月28日 | カテゴリー : 卓話 | タグ : | 投稿者 : gifunakarc